貸株の設定と株式の移管

貸株

貸株の設定を行います!私の証券回りの環境ですが、メインで使っている証券会社はSBI証券です(NISAもSBI証券)。
最初はSBI証券で貸株をしようと思ったのですが、楽天証券で行うことにしました。
理由は大きく2つ!

理由その1:貸株を申し込むと、保有証券が自動で貸株設定になるから(※信用取引口座を開設していない場合
これは、私は信用取引口座を開設しているので該当しないのですが…なんか怖いのでw
前回書いた通り、貸株してしまうと長期保有優待がなくなってしまう可能性があるので。大丈夫なのでしょうが、怖いのでw(私はビビりw
信用取引口座を開設していなくて、長期保有認定されている株を持っている方は要注意です。

理由その2:楽天証券には「株主優待・予想有配優先」設定があるから
この設定は、株主優待や配当金の権利確定日に貸株設定を自動で解除して返却してくれるという優れものです。
SBI証券には株主優待取得の為に自動返却してくれる設定はあるのですが、配当金に関してはありません。
自分で権利確定日を把握して手動で貸株を解除、配当金をもらったらまた設定…とすれば問題ありませんが、面倒!絶対忘れる!!と思うのです(^^;)

ということで、NISAがあるのでメインはSBIのままで楽天証券を貸株専用にしようと思います。

楽天証券で保有している株はないのでサクッと貸株を申し込みをし、間もなくメールが届きました。

楽天証券からのメール

楽天証券も、自動で貸株になるんですね。怖っ!何も持ってなくてよかった~

設定も確認しておきましょう。楽天証券にログインして
 国内株式<貸株<貸株各種設定
こちらに貸株に関する設定がまとめられています。
「新規購入(入庫)銘柄の自動貸出設定」というのが、「自動で貸出す」になっていると思います。
私は楽天証券を貸株専用にするつもりなのでこのままにしますが、貸し出す株を自分で選びたい場合には設定変更しましょう。

これで楽天証券側の準備は整いました!後は貸株設定したい株をSBI証券から楽天証券へ移管すればOKです!SBI証券からの出庫は無料です。書類を手書きで書いて送ります。

「必要書類を郵送で取り寄せて記入後返送」か「自分で書類を印刷して記入後返送」の2つの方法があります。どちらの場合も免許証等のコピーも必要なので用意しておくといいですよ。
私はプリンタを持っていないので前者を選びましたが、プリンタがあるなら後者の方が素早く手続きできます。
宛名ラベルを使用すれば郵便料金は後納扱いとなって切手代もかからないようです。

出庫も無料だし、いい会社ですね。貸株のサービスも充実させてくれれば…なんて( ˘ω˘)スヤァ

私は移管の書類を送ったので、後は手続きが完了するのを待つのみです!手続きが完了したらまたブログを書きます^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました